[PR]

 日本フットボールリーグ(JFL)のFC今治は10日の第27節、愛媛県今治市の「ありがとうサービス.夢スタジアム」でFCマルヤス岡崎と対戦し、1―0で勝利した。5、6位のチームがそれぞれ引き分け、3試合を残してFC今治の4位以上が確定。J3昇格条件を満たし、念願のJリーグ入りを確実にした。

 FC今治は「ホーム平均観客数2千人以上」「Jリーグ百年構想クラブ内で2位以上」などの他の条件もクリア。今後のJリーグ理事会でJ3への昇格が承認される見込みだ。

 試合は前半27分、相手GKが蹴ったボールをMF玉城峻吾選手がカット。FW内村圭宏選手を経て最後はMF橋本英郎選手がゴール左隅にシュートを決めた。その後、追加点は奪えなかったが、相手の攻めをしのいで1点を守り切った。

 加入後初ゴールとなった橋本選…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら