[PR]

 和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで約2年ぶりにアミメキリンが生まれ、11日に一般公開が始まった。

 アミメキリンは世界で最も背が高い動物とされ、体長は3~5メートル、体重はオスで800キロから1500キロ、メスで500キロから1千キロに達する。

 10月18日に生まれたメスは、推定による体長は170センチ、体重50キロ。施設は生後2週間ごろから赤ちゃんにバックヤードの外の様子を見せ始め、展示場へ出る準備をしてきた。

 飼育を担当する本政龍弘さんによると、キリンは警戒心が非常に強く神経質。赤ちゃんが母親の後に付いて展示場へ出てくると、他の若いキリンがさっそく様子を見に寄ってきていた。本政さんは「見学者や他の動物に慣れるまでじっくり時間をかけていきたい」と話していた。(大野宏)

関連ニュース