[PR]

 小学生や幼児を対象にした横浜DeNAベイスターズの野球スクールで、女子野球の元選手がコーチを務めている。小学生時代、男子に交じって横浜ベイスターズ(当時)のジュニアチームに所属したり、女子野球の日本代表候補に選ばれたりと、重ねてきたキャリアをもとに、子どもたちに野球を好きになってもらおうと活動する。

 コーチを務める甲斐綾乃さん(24)が野球を始めたのは、小学1年生のとき。水泳や体操などいくつかの習い事の中から、次第に野球に魅力を感じるように。当時のポジションは投手。「0点に抑えたり、先発として試合を作ったり。当時は女子のプロリーグがなかったこともあって、日本代表になりたいと思うようになった」

 中学では硬式野球を始め、土日はクラブチーム、平日は学校の野球部で活動。中3男子の体格には圧倒されたが、土日は他県に遠征するなど、ますます野球に夢中になり、女子野球部が活発な高校を選んで進学した。

 ところが、高1の夏、突然「野球、やめたいな」と思い始める。「それまでは楽しいだけでがむしゃらに続けていたけど、今思えば、自分が野球をやっている意味を考え始めたのだと思う」。「自分」だけではなくチームや周囲を見て、どうしたら勝てるようになるのか考えたり、うまく改善できなくて勝てなかったり、心理的に成長した分、考えすぎてしまったのかもしれないという。

 それでも、高3のときには女子野球の日本代表候補にも選出され、大学でも女子野球部に進んだ。そんな野球のキャリアを評価され、今春からベイスターズ職員としてスクールのコーチになった。

 中学や高校時代にチームメートだった女子選手で、高校卒業後も野球を続けた人数は極わずか。一方、甲斐さんが中学生のときには女子プロ野球リーグが創設され、小中学生の大会数や競技人口も増えた。男子はもちろん、女子でも、さまざまに野球を楽しめる時代に向かっていると感じる。

 だからスクールでは、技術以上に子どもたちの「野球が好きな気持ち」を伸ばしたい。幼くてまだ集中しきれなくても「怒られる」ことにならないように、集中できる雰囲気作りに気を配る。「野球って楽しいんだと知ってもらい、できなかったことができるようになる喜びを感じてほしい。それがきっと自分の強みになっていくから」(木下こゆる)

こんなニュースも