[PR]

 新潟市西区で昨年5月、小学2年生の女児(当時7)の首を絞めて殺害したなどとして、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた同区の元会社員小林遼被告(25)の裁判員裁判が11日、新潟地裁(山崎威裁判長)であった。小林被告は殺意はなかったと主張しているが、女児の遺体を司法解剖した医師が「5分以上は首を絞められたと考えられる。殺意はあったと思う」と証言した。

 証言したのは、新潟大大学院教授の高塚尚和教授。高塚医師は検察側の質問に対し、一般論として「呼吸を停止させるには短くても5分以上、意識がなくなってから2分以上首を絞める必要がある」と指摘。小林被告が捜査段階で「体感で5分以上絞めた」と供述したことについて「(矛盾は)特にない」とした。

 女児の首には圧迫された明らかな痕はみられなかったと明らかにした上で、「手などで絞めた場合は表面に痕が残りにくい」として、絞めた力が軽かった証拠にはならないと答えた。

 一方、弁護側が「法医学では殺意を認定できないのでは」と指摘すると、高塚医師は「(被告の内心については)専門ではない」と述べた上で、「5分以上絞めるのは、何らかの意思があったのではないか」と話した。弁護側は、小林被告が女児の首を絞めたのは気絶させるためだったとして、「6~7割の力で絞めた」と主張している。