[PR]

 後輩の消防士を逆さづりにするなどの暴行を加えたとして、大阪府の茨木市消防本部は12日、消防司令補(47)、消防士長(34)と消防副士長(33)の男性職員3人を懲戒免職にし、発表した。同本部は月内にも全消防職員約260人を対象にアンケートを実施し、ほかに暴力行為がなかったか調べる。

 発表によると、消防司令補は4月、消防署の車庫で20代の消防士にスマートフォンの写真を見せるよう強要。拒んで逃げようとした消防士を捕まえて体全体をロープで縛り、ポンプ車の手すりに逆さにつり上げて5分ほど放置した。消防司令補は調査に「鬼ごっこをしていた」と釈明したという。さらに別の日には、下腹部の体毛をなくすとして、ライターの火に殺虫スプレーを噴射して炎を発生させ、消防士に上着をめくり上げさせて炎の前を通らせた。

 一方、消防士長と消防副士長は5月、別の20代の消防士が「やめて、こわい」と訴えたにもかかわらず、首に自動血圧計の帯を巻き付けた。消防士が気管を圧迫されて顔色が変化したため血圧計を外したところ、消防士の顔や眼球に点状の出血があったという。消防司令補は消防士長らにこうした行為を口外しないよう隠蔽(いんぺい)を指示した。調査に対し、消防士長らは「首でも(血圧を)測れないかと思った」と話したという。同本部は「あり得ない。やってはならないことだ」とした。

 さらに4月には、体力強化の訓…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら