[PR]

 神戸市長田区に制作された「鉄人28号」の巨大モニュメントが、完成から10年を迎えた。阪神・淡路大震災からの復興のシンボルとして知られるが、構想段階から関わり続けた関係者は「いまや飛躍のシンボルでもある」と語る。

 JR新長田駅から歩いて約1分。若松公園・鉄人広場に、鉄人28号のモニュメントは立つ。高さ約18メートル、総重量50トン。230個のパーツからなる。その管理やイベントの開催をするNPO法人「KOBE鉄人PROJECT」の岡田誠司事務局長(60)はしみじみと見あげた。「ようこんなもん作ってもうたな」

 地元で生まれ育った。震災当時、須磨区の自宅で「まるでゴジラが来たような」大きな揺れに襲われた。無事だったが、親しかった知人の母が犠牲になった。

 「震災で住宅や店舗の多くが被…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら