[PR]

 東京メトロと都市再生機構(UR)は11日、日比谷線の霞ケ関―神谷町に建設中の新駅「虎ノ門ヒルズ」(東京都港区虎ノ門1丁目)について、2020年6月6日に開業すると発表した。地下通路で銀座線の虎ノ門駅と結ばれ、徒歩7分ほどで乗り換えられるようになる。

 虎ノ門ヒルズ駅は、霞ケ関駅から約800メートル、神谷町駅から約500メートルの、国道1号と環状2号線の交差点付近に位置する。線路を挟んで中目黒方面と北千住方面の二つのホームが向かい合う構造で、それぞれに地上に向かう出入り口やエレベーターが設けられる。

 日比谷線の新駅は、1964年の全線開業以来初めて。東京メトロにとって初となるカタカナの単語を含んだ駅名は、一帯のまちづくりの中核となる超高層ビルの名にちなんだ。(細沢礼輝)