[PR]

 飲酒運転で物損事故を起こし、逃走したとして、愛知県警は12日、一宮署生活安全課巡査長の鈴木政満容疑者(31)=岐阜県各務原市鵜沼羽場町6丁目=を、道路交通法違反(酒気帯び運転など)の疑いで逮捕し、発表した。「仕事柄、ばれたらまずいと思って逃げてしまった」と容疑を認めているという。

 県警によると、鈴木容疑者は11日午後9時半ごろ、愛知県一宮市浅井町の県道で、酒気を帯びた状態で自家用車を運転。道路脇のガードパイプに衝突し、そのまま逃げた疑いがある。

 110番通報で駆けつけた一宮署員が、現場から約150メートル離れた路上でしゃがんでいた鈴木容疑者を発見。声をかけると逃走したため、追いかけて任意同行した。鈴木容疑者は調べに「一宮市内の居酒屋で上司と飲んだ帰りだった」と説明しているという。

 松田英視・首席監察官は「警察官がこのような事故を起こしたことは誠に遺憾。捜査結果を踏まえ、厳正に対処する」とコメントした。