[PR]

 広島市中区の平和記念資料館の内外で、訪れた人に説明や案内をする「ヒロシマピースボランティア」(PV)の原田健一さん(74)=広島市東区=が、仲間同士の情報交換と研鑽(けんさん)を目的に週1回メールで配信している「マンデーメモ」が1千号の大台を超えた。「自分自身が知識をつけるきっかけになった。気負わず続けたい」という。

 「こんばんは。今週のマンデーメモです」との書き出しで、月曜夜にメールが配信される。25日夜に配信された直近の1005号では、前日に広島を訪れたローマ教皇について、呼称が法王から変わった背景などを説明した。

 「現在配備されている最大の核兵器の威力はどれくらいか」「原爆スラムにはどんな人たちがどのくらい住んでいたのか」。国内外から訪れる人たちを案内する中で浮かんだ質問や、以前の質問への回答が記される。来館者との触れあいや平和記念公園周辺での出来事も紹介される。

 投稿者は約30人。読者はPV…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら