[PR]

 大相撲九州場所で初めての三役昇進を果たした富山県出身の小結・朝乃山関を応援しようと、黒部市の日用雑貨製造販売会社「くろべの太陽」がオリジナル手袋を作り、販売を始めた。手の甲部分に「朝乃山」の文字、手のひら部分に似顔絵や軍配をあしらった。同社専務の吉澤智之さん(36)は「この手袋をつけ、ファンは熱い応援を、朝乃山関は横綱をつかんでほしい」と話す。

 県出身力士として103年ぶりの優勝を果たした今年5月の夏場所直後、朝乃山関が所属する高砂部屋や日本相撲協会に吉澤さんが企画を持ち込み、実現したという。赤、青、紺の3色があり、価格は1100円(税込み)。問い合わせは同社(0765・52・0173)。(高津守)