[PR]

 東京・池袋で車が暴走し12人が死傷した事故で、警視庁は12日、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(88)=東京都板橋区弥生町=を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで書類送検し、発表した。認否は明らかにしていない。

 交通捜査課によると、飯塚元院長は4月19日午後0時25分ごろ、豊島区東池袋4丁目の都道で乗用車を運転中、ブレーキと間違えてアクセルを踏んだまま赤信号の二つの交差点に進入するなどし、自転車で横断中の松永真菜さん(当時31)と長女莉子ちゃん(同3)を死亡させ、2歳~90代の男女9人に重軽傷を負わせた疑いがある。自らも重傷を負って入院した。

 この直前、左カーブで他のバイクや車を避けようと、規制速度の時速50キロを超えて加速しながら片側2車線の中央を走行するなど蛇行した末、縁石に接触していた。捜査関係者によると、これまでの調べに「パニックで踏み間違えた可能性もある」と供述しているという。一方、ほぼ一貫して「ブレーキが利かなかった」と説明しているが、車に異常やブレーキを踏んだ形跡は確認されていない。車の速度は最高で同90キロ台後半に達したという。