[PR]

 恋愛的感情の有無にかかわらず、誰にも性的にひかれることがない「アセクシュアル」の人たちがいます。性のあり方の一つですが、まだあまり知られておらず、孤独感にさいなまれる人もいます。

否定され続けた

 出版社で働く和泉(いずみ)直さん(31)はアセクシュアルで、自分を男性とも女性とも思わない「Xジェンダー」。「女性でいなきゃ」と長く苦しみました。

 小学生の時から「女子」ではない、かといって男子とは見てもらえないらしい、と感じていました。「仲良くなりたいけど恋愛感情じゃない」と話しても「それは好きってことだよ」と気持ちを決めつけられる。恋愛感情を学ぼうと男性とつきあってみた時は何も恋人らしいことができず、周囲に「相手がかわいそう」と言われて別れました。

 大学では、男の先輩に交じって夜通し家で飲んだり雑魚寝したりしていると「お前、この状況はうちの部活じゃなかったら襲われてるからな」と言われ、混乱しました。男友達と気軽に話すとその恋人で私の友達でもある女性から無視されたことも。世の中は男と女で分かれていて、異性愛が前提で、恋人という肩書が付いたら周りは遠慮するもので。大変な世界だと思いました。

 男女関係のセオリーに自分を合わせようと、交際に踏み切った男性は、「彼女」になった途端キスをしたり体を触ったりしてきました。「腕の産毛をそれ」と言われたり、料理や掃除といった「彼女らしさ」を求められたり。苦しくても「これが社会」と言い聞かせましたが、半年が限界でした。

「いい人と出会っていないだけ」「検査した方がいい」……。多くの当事者が周りから様々なことを言われてきました。交流会や情報発信の取り組みも始まっています。

 「性的な欲求がない」と言うと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら