[PR]

 埼玉が誇るクイズ王の頭脳に挑戦してみませんか――。県は埼玉の観光、歴史、有名人など様々なクイズに挑戦する「埼玉クイズ王決定戦2019」の参加者を募集している。今年で8回目を迎えるイベントで、数々のクイズ番組に出演し、優勝している県職員の能勢一幸さん(50)が出題、監修する。

 能勢さんは1991年に「アメリカ横断ウルトラクイズ」で優勝、2001年には「クイズ$ミリオネア」で全問正解するなどクイズ界では知られた存在。現在は県資源循環推進課で働いている。第1回のクイズ王決定戦から監修を務めている。

 予選は、12月1日にさいたま市のコクーンシティで行う2回(午前と午後)と、2020年1月13日にウェスタ川越で行う1回。3人1組のチームで出場できるが複数の予選には出られない。決勝は2月2日、イオンレイクタウン(越谷市)で開かれる。

 昨年の出題例は、「○×」形式…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら