[PR]

 工藤会本部事務所は、組織にとっての「象徴」(関係者)だ。登記簿によると、1971年に新築。大広間で新年事始め式や継承式が執り行われ、幹部会議も定期開催された拠点でもあった。

 工藤会が関わったとみられる事件では、何度も福岡県警の家宅捜索を受けた。盾を持つ機動隊員が警戒する一方、黒服の組員が周囲に居並ぶ物々しい光景が繰り返された。ただ、2014年9月に総裁でトップの野村悟被告(73)らを逮捕した県警の「頂上作戦」の後は、事件の謀議に使われた可能性が高いとして、県公安委員会から、暴力団対策法に基づく使用制限命令を出されていた。

 昨春には、市の内部で事務所撤去の話が浮上。検討が始まり、9月には市幹部に話が伝わった。県警からは「工藤会側が売却の意向を持っている」との情報ももたらされた。市は年末にかけて、県警からの出向者を交えて本格的に検討を進めた。

 年明けの1月7日、工藤会側と…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら