[PR]

 「Hagex」のハンドルネームで活動していた有名ブロガーを刺殺したとして、殺人などの罪に問われた無職松本英光被告(43)=福岡市東区=に対する裁判員裁判の公判が12日、福岡地裁(岡崎忠之裁判長)であった。午前中は証人尋問で、被告人と被害者が使っていたインターネットサービスの運営会社の社員が証言した。

 被害者は、インターネットセキュリティー関連会社の社員だった岡本顕一郎さん(当時41)。

 2人に面識はなかったが、松本被告は警察の調べに「インターネット上(のやりとり)で恨んでいた」などと供述。松本被告は他のネットユーザーに「低能」と中傷する書き込みを繰り返したり、「死んだほうがいい」とメッセージを送ったりしており、ネット上で「低能先生」とも呼ばれていた。

 岡本さんは自身のブログで「低能先生」の書き込みを問題視。運営者に何度も通報した。こうしたことに対し、松本被告は恨みを抱くようになったとされる。

 ネットサービスの運営会社の社…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら