元プロ野球選手・金村義明さんが語る母の姿

 僕は強烈なお母ちゃん子でした。小さい頃、母親はメリヤス加工の内職をずっとやっていたんですが、横で手伝ってると、いつもこんな風に言われました。

 「ヨッちゃんは朝鮮人なんや。日本人やないんよ。だから、負けたらあかん。人の倍じゃだめ。3倍の努力をせなあかん」

 根性の塊のような母親でした。在日2世で、12歳から地元の宝塚でゴルフ場のキャディーをして家族を支えて。父親と見合い結婚してからも働きづめ。借金もせず、後ろ指もさされず、宝塚に土地を買って家を建てたのが生きてきた証しでした。僕はあまり差別は受けてないけど、母親はつらい目にあったようです。「人間はみんな一緒なんやから堂々と生きろ」って僕にもよう言うてました。

 内職中、よくテレビで甲子園の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら