全国初?中学校にサーフィン部 保護者からも熱い支持

有料記事

佐藤修史
[PR]

 宮崎市立青島中学校(古川康二校長)は来年度、「サーフィン部」を創設する。地元のサーフィン人気に応えるとともに、生徒数減に歯止めをかける狙いもある。中学の部活動としては極めて異例。日本中学校体育連盟など関係団体は他の先行例を「聞いたことがない」といい、全国初の可能性もある。

 青島中は、観光客に人気の青島海岸や白浜海岸のそばにあり、9月に世界最大級の大会「ワールドサーフィンゲームス」が開催された木崎浜にもほど近い。

 青島中は10月、在校生のほか、校区である市立青島小、内海小の児童とその保護者にアンケートをし、「どんな部活動があったらいいか」と尋ねた。その結果、児童・生徒も、保護者も圧倒的多数がサーフィン部と答えた。

 この結果を受け、古川校長は…

この記事は有料記事です。残り1302文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!