[PR]

 会社員の多くが、50代になると管理職から外される「役職定年」を迎える。どんな気持ちで、その時を迎えるのだろうか。

 法政大大学院教授の石山恒貴さん(54)とパーソル総合研究所は2017年、40~60代のミドルシニア世代の社員約4700人にアンケートを行った。

 役職定年を経験した会社員には、こんな回答が並んだ。

 「夜も眠れない日が続いた」

 「このままでは廃人になると感じた」

 「会社っていったい何だったのか」

出世競争とモチベーション

 調査をした同研究所の主任研究員、小林祐児さん(36)は「強い失望感を示す言葉が多く、衝撃を受けた」と振り返る。

 企業にとって役職定年は、人件…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら