[PR]

 プロ野球のドラフト会議でオリックスに2位で指名された県立駿河総合高(静岡市駿河区)の紅林弘太郎選手(3年)が12日、球団側と仮契約を交わした。来月14日に正式契約を結ぶ。契約金は6千万円、年俸は720万円(いずれも推定)。背番号は24。

 高校通算40本塁打の強打者として注目を集めた。強肩を生かし、守備でも遊撃手として活躍。甲子園出場をかけた今夏の静岡大会ではチームの中軸を担い、創部初の準優勝に導いた。

 仮契約交渉後の記者会見は静岡市のホテルセンチュリー静岡で行われた。福良淳一GMは紅林選手を「長打力に期待している。守備でも数年後には内野手のレギュラーになってほしい」と評価。紅林選手は初めて身につけたユニホームを見て「かっこいい」とつぶやき、「アベレージで3割以上を目指す。期待してもらっているので気負いすぎず、結果で応えたい」と語った。(広瀬萌恵)

こんなニュースも