[PR]

 プロ野球の戦力外選手らを集めたトライアウトが12日、大阪市のシティ信金スタジアムであった。ネット裏には各球団の編成担当者らのほか、一般企業の人事担当者の姿も数多くあった。元プロ野球選手がビジネス界でも評価されるのはなぜか。阪神の元投手で公認会計士に転身した奥村武博さん(40)に聞いた。

 奥村さんはこの日、17年ぶりにトライアウトの現場に来た。2002年は選手として受験。最後に本拠の甲子園で投げ、「区切りのマウンドになった」。その後、9年の挑戦を実らせて難関の公認会計士試験に合格。今年6月にはスポーツ選手のセカンドキャリアを支援する「スポカチ」を設立した。今回は同社の代表取締役としての視察だ。

 奥村さんは今月1日に選手会主催の「退団研修会」に講師として参加。戦力外通告を受け、引退を視野に入れている8選手を前に講演したという。10月には若手主体のフェニックスリーグでも講演した。元プロ野球選手の強みを聞くと、即答で二つの点を挙げた。

 まず「ゴール設定をしてそこか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら