[PR]

 佐賀大は12日、生きた細胞を使い身体組織の一部を作るという「バイオ3Dプリンター」で人工血管を作製し、人工透析の患者に移植する臨床研究を始めると発表した。記者会見した医学部の中山功一教授(臓器再生医工学)らによると、3Dプリンターから細胞のみで作られた人工血管を移植するのは世界初という。

 人工透析は、腎機能が低下した患者の体内から血液を取り出して機械に通し、血中の老廃物などを濾過(ろか)する治療。血液の出入り口となる血管(シャント)が必要で、自分の血管が使えなかったり、何度も治療を受けて血管が劣化したりした患者は、合成繊維や樹脂製の人工血管を使う。この場合、ウイルス感染のリスクや、血栓ができるといったトラブルが起きる可能性があるという。

 中山教授らは、患者の皮膚の細…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら