[PR]

 プロ野球の12球団合同トライアウトが12日、大阪市のシティ信金スタジアムであり、戦力外を告げられた選手ら43人が実戦形式のテストを受けた。たとえわずかな希望でもプロ野球復帰へ、それぞれ強い思いを秘めて臨んだ。

 前オリックスの宮崎祐樹(32)は9月末に肉離れを起こしたが、間に合わせてきた。

 亜大から社会人・セガサミーを経て入団した9年目の外野手。9月2日を最後に1軍出場は無くなり、2軍で出番が増えた。「よそ(他球団)に見せるためやろ」。年齢を考えると戦力外は予想できており、トライアウトに向けて気持ちを切り替えた。

 だが、9月26日の練習試合で…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら