ベテラン漫才師、Wヤングの平川幸男さん(ひらかわ・ゆきお、本名平川幸朗〈ひらかわ・こうろ〉)が11日、死去した。78歳だった。通夜、葬儀は近親者で営む。

 神戸市生まれ。西川ヒノデに師事し、64年に中田治雄とWヤングを結成。シャレづくしなどのネタを得意として、75年、78年に上方漫才大賞を受賞した。横山やすし・西川きよしと競り合ったが、79年に相方が亡くなり、80年の漫才ブームの波に乗れなかった。

 84年に佐藤武志さんとWヤングを再結成。ベテランとなっても舞台を駆け回り、テンポの良い漫才で劇場を中心に活躍した。弟子に吉本新喜劇の宇都宮まきさんがいる。

相方の佐藤武志さんのコメント

 なんばグランド花月ででっかいイベントをやって悔いなく引退できればいいなと話していました。あと10年はやれると思っていました。それくらい元気でパワフルな男でした。その夢が叶(かな)わず無念で心寂しい思いです。師匠、ゆっくり先に休んでいてください。35年間本当にありがとうございました。