拡大する写真・図版 最新アルバム「RONDO」ではポルトガル語の1曲を除き、すべて英語で歌う。「ネイティブにはかないませんが、早朝にスカイプでレッスンを受けるなど努力は惜しみません」=山本和生撮影

[PR]

 ストレス性疾患の治療で第一人者として知られ、新聞や雑誌に複数の連載を抱える人気エッセイストでもある海原純子さんには、もう一つの顔があります。「歌手」です。ただでさえ忙しいのに、そして批判も受けているのに、なぜ歌い続けるのでしょうか。その理由を本人が教えてくれました。

いちどは両立を断念

 「親はいつまで生きているか分からないから一人で生きていけるように」。耳鼻科医だった父にそう言われて育ちました。

 亡くなった後に知ったのですが、父は広島でボランティアをしていて残留放射線を浴びた二次被爆者。結核で片肺の機能を失い、娘の行く末を案じていたのでしょう。私は自立するために医学部に進みました。

 大学時代に、もうひとつの活動…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら