【動画】11月13日に開業の「南町田グランベリーパーク」をぐるっとタイムラプスで=白井政行撮影
[PR]

 東京都町田市南部の東急田園都市線南町田グランベリーパーク駅周辺で市や東急株式会社が進めていた再開発の街、「南町田グランベリーパーク」が13日にまちびらきする。公園や体験型施設など親子で楽しめる機能を充実させたのが特徴で、新たなにぎわいづくりの拠点になる。午前8時50分ごろから10時前までテープカットセレモニーを行い、正式オープンする。

 南町田グランベリーパークは、同駅周辺の公園や商業施設を一体的に整備した約22ヘクタールの新しい街。2017年2月に一時閉館したショッピングモールの後継施設を核に、公園と旧施設の間にあった市道を廃止するなどして一帯を整備した。

 約240店舗出店の商業施設「グランベリーパーク」などが開業。18年9月に閉館した六本木のスヌーピーミュージアムも移設され、12月14日に開業する。(木村浩之)