拡大する写真・図版 シュートを放つ香取慎吾さん=川村直子撮影

[PR]

香取慎吾とゆくパラロード

 朝日新聞パラリンピック・スペシャルナビゲーターの香取慎吾さんがさまざまなパラ競技に挑戦する「慎吾とゆくパラロード」。11回目は、車いすバスケットボールです。女子日本代表の藤井郁美主将(37)とコーチで夫の新悟さん(41)から、車いす操作などを学び、難度の高い3点シュートにも挑戦しました。

紙面でも
香取慎吾さんの車いすバスケットボール体験は、11月27日付朝刊スポーツ面の「慎吾とゆくパラロード」でも、1ページを使って紹介します。

 香取さんがバスケットボールを手に、ゴール下からリングを見つめた。

 《高くて遠い。さすがに届かないよ。》

 競技用車いすに座っている状態と立った状態では、感じ方がまるで違う。目線の高さの違いは50センチほどだが、座ってみると約3メートルの高さにあるリングは遠い。

 元男子日本代表の藤井新悟さんは脊髄(せきずい)損傷など下肢に障害のある選手特有の難しさもある、と説明する。

 《両足を宙でまっすぐにしてシュートをしてください。何となく僕らの体の感じが分かると思います。》

 足を浮かすと踏ん張りが利かない。香取さんは上半身の力だけでシュートしたが、リングには届かない。

 香取さんは様々なパラスポーツを体験し、体幹を使える選手とそうでない選手とでは競技力に差があることを学んだ。車いすバスケットは公平性を期すため、障害の度合いに応じて選手に持ち点が定められている。1・0は最も障害が重く、体幹が機能しない。逆に4・0以上は体幹を使えて、機敏な動きが可能だ。新悟さんは持ち点1・5で、妻の郁美選手は4・0。香取さんは思った。

 《障害の軽い郁美さんの役割は点を取ること?》

 郁美選手は言った。

 《得点はみんなで取るものですけど、より効果的に取ろうと思えば動きに優れた障害の軽い選手にボールを回した方がいい。結果として障害の軽い選手が点を重ねることになります。》

 新悟さんが続けた。

 《障害の重い僕らはローポインターと言って、相手をブロックするなどし、ハイポインターにどう得点させるかを考えています。》

 香取さんは藤井夫妻からシュートの仕方やブロックなどを教わった。リングの高さにも徐々に慣れ、早速、3点シュートに挑戦した。8投目まで失敗。新悟さんが助言を送った。

 《シュート前に助走をつけようと車いすをこぎ過ぎてぶれている。力はあるのでゆっくりでいい。》

 9投目。ボールはリングに吸い込まれた。両手を上げて喜んだ香取さん。

 《おおっ! この気持ちよさが魅力なんだ。初めてのパラスポーツでこの競技に触れたひとは、またやりたいと思っちゃうよね。》

 郁美選手は20歳で本格的に競技を始め、約4年後の2006年にさらなる高みを目指して宮城の男子クラブチームに移った。そこで出会ったのが新悟さんだった。12年に結婚。夫妻で女子日本代表を強くしようと力を注ぐ。

 《世界にはすごい選手がゴロゴロいる。そこにとにかく勝ちたい。日の丸を背負い、仲間と勝負を続けられていることが楽しい。》

 挫折を知るからこそ、東京にかける思いは強い。08年北京は4位に入ったが、続くロンドン、リオデジャネイロは出場権を逃した。香取さんがつぶやいた。

 《気持ちは分かる。》

 さらに続けた。

 《僕らはCDを出したら当然のように1位が期待された。でも、ずっとランキングトップがとれなかった。視聴率や売り上げなどの数字は得点みたいなもので、僕は何度もどん底を味わってきた。もう負けるのは怖くない。郁美さんもあとは勝って取り返すだけだね。》

 その言葉を聞いて、郁美選手が思いを口にした。

 《やるからには頂点を目指したい。でも北京では表彰台に立つ難しさも知った。今回、リアルに目指すところは銅メダルです。》

 新悟さんがうなずいた。

 《障害を負っても病気をしても妻の心は折れない。大好きなバスケのために頑張る郁美を誇りに思う。》

 香取さんは藤井夫妻を見つめた。

 《競技においても互いに支え合う2人は本当にステキ。応援してくれる人たちのためにも本番では必ず結果を出して欲しい。》(榊原一生)

プロフィール

 藤井新悟(ふじい・しんご) 1978年生まれ、秋田県出身。中学、高校でバスケット部に所属し、19歳の時にスキー事故で脊髄(せきずい)を損傷。20歳から車いすバスケットを始め、2004年アテネ・パラリンピックから4大会連続出場。現在は女子日本代表のテクニカルアドバイザーを務める。富士通コミュニケーションサービス所属。

 藤井郁美(ふじい・いくみ) 1982年生まれ、神奈川県出身。小学3年でバスケットを始め、中学3年の時に骨肉種で右ひざと大腿(だいたい)の一部を切断。20歳の時に車いすバスケットを本格的に始めた。2008年北京パラリンピック4位。電通デジタル所属。