[PR]

 地元の佐賀県知事が反発し、新鳥栖―武雄温泉の整備が見通せない九州新幹線西九州ルート(長崎新幹線)。在来線を活用するFGT(フリーゲージトレイン)の計画は断念し、国はフル規格での整備を目指すが、佐賀県の山口祥義知事は地元の財政負担増などを懸念している。これに対し、国土交通省の水嶋智鉄道局長は朝日新聞の取材に対し、地元負担は他の公共事業より少なく、「お買い得な公共事業だ」という。一体どう「お得」なのかを詳しく聞いた。

 ――佐賀県の山口知事は、財政負担を懸念しています。通常の新幹線と同じ「フル規格」なら新鳥栖―武雄温泉の建設費は約6200億円。約660億円分が地元負担になる見通しで、額は大きくなります。

 「佐賀県は単年度で約660億円を支払うわけではない。施設ができれば、多額の固定資産税も県内の沿線市町に入る。私なら、『こんなにお買い得な公共事業はない』と思う」

 「整備新幹線はほかの公共事業…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら