[PR]

 青森県八戸市で12日に小学校高学年の女子児童が首を切りつけられてけがをした事件で、青森県警は同日夜、市内に住む中学生の少年(14)を殺人未遂容疑で緊急逮捕し、13日発表した。「カッターナイフを使って殺すつもりだった」などとして容疑を認めているほか、捜査関係者によると「誰でもよかった」との趣旨の話をしているという。

 県警によると、少年は12日午後4時40分ごろ、市内の路上で、1人で下校途中だった女児に後ろから近づいて首の前部分を切りつけ、約3週間のけがを負わせた疑いがある。女児は首に長さ約10センチ、深さ最大約1センチの切り傷を負ったが、命に別条はないという。

 県警は現場付近の防犯カメラに少年が映っていたことから、事件に関与した可能性があるとみて捜査し、12日午後11時ごろに市内で緊急逮捕した。少年の自宅などからは複数のカッターナイフが見つかったといい、県警はいずれかのカッターナイフが事件で使われた可能性があるとみて調べている。

 事件を受け、市教育委員会は13日午後に会見を開き、少年が事件当日も通常通り登校していたことなどを明らかにした。少年に関係したいじめやトラブルなどは確認されていないという。市教委は今後、学校からの要望に応じてスクールカウンセラーを配置し、児童・生徒たちの心のケアに努める意向を示した。(仲川明里、横山蔵利)