[PR]

 自民、公明両党の幹事長と国会対策委員長は13日朝、東京都内で会談し、国の予算を使って首相が開催する「桜を見る会」について、招待者の範囲や選定基準について検討する必要があるとの認識で一致した。

 菅義偉官房長官が12日の記者会見で、選定基準を見直す考えを示しており、政府方針を追認した格好だ。自民党の森山裕国会対策委員長は記者団に、「どういう方を招待するのか、どういう功績を認めるのかということをもう少し明確にしないと、わかりにくいところがあるのではないか」と指摘した。一方で、「長い歴史のある行事なので、続けていくことには与党として異論はない」と語った。公明党の高木陽介国対委員長は記者団に「選定基準やどういった状況なのかまだわからない。政府がしっかりと説明をして頂きたい」と述べた。

 野党は桜を見る会をめぐり、首相が出席する予算委員会の集中審議を求めているが、森山氏は「まず所管の内閣委員会で議論をすることが大事」として、要求に応じない姿勢を示した。