100円おせちが人気「余る、飽きる、作れない」を解決

有料記事

栗田優美
[PR]

 多種類のおかずが重箱にぎっしり――。年末に向け、おせち商戦が本格化するなか、そんな旧来のイメージとは違う、脱「重箱」の新商品が相次いで登場しています。各家庭でカスタマイズできる「小分け」の新商品がそれ。どんな事情があるのでしょうか。

数の子一切れ100円

 60グラム入りの栗きんとん、一切れの数の子……。小分けにすることで、どれも一つ100円(税別)で売る、コンビニのローソンストア100の「100円おせち」。2009年の発売当初は数種類だったが、今年は12月25日から、32種類を販売する。累計550万個を売り上げるヒット商品だ。

 一つひとつは小ぶりでも、黒…

この記事は有料記事です。残り2157文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!