[PR]

 北九州市の玄関口、JR山陽新幹線・小倉駅北口にカジノを含む統合型リゾート(IR)を造る構想が浮上している。企画した香港の事業者から提案を受けた北橋健治市長は13日の定例会見で「できる範囲内でしっかりと受け止めて勉強を重ねる」と語り、国への申請期限をにらみながら可能性を探る考えを示した。

 朝日新聞が関係者から入手した事業者の企画書によると、小倉駅北口と門司区喜多久の2案が盛り込まれている。このうち、小倉駅北口案は市の中心地である点を高く評価。国道199号の北、あさの汐風公園から東の区域にカジノのほかテーマパークや国際会議場、ホテルなどを整備するとしている。

 この場所にはミクニワールドスタジアム北九州などがある。構想では、このエリア内にサッカーだけでなく野球などもできる多目的屋内アリーナなどを建設するとしている。

 投資額は土地購入費を除いて6…

この記事は有料会員記事です。残り522文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り522文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り522文字有料会員になると続きをお読みいただけます。