北朝鮮、売りは「食の安心・安全」 中国人にツアー人気

有料記事

瀋陽=平井良和
[PR]

 外国人が自由に歩き回れない北朝鮮の農村や地方都市の暮らしの一端をうかがい知ることができる場所がある。人や物の往来が多い中国と北朝鮮の国境地帯だ。素朴な風景を売りに、北朝鮮は中国人の間で人気の旅行先となる一方、2年連続の干ばつが農村の食糧事情を悪化させており、人々は厳しい冬を迎えようとしている。(瀋陽=平井良和)

 中国と北朝鮮の間を流れる国境河川の鴨緑江。川幅が数百メートル程度のところも多く、中国側の川沿いの道を進むと対岸の風景がよく見える。

 中国の遼寧省丹東市から望める北朝鮮の街は新義州市。こうした地方都市の中心部には5階建て以上の建物もあるが、川沿いを吉林省へと北上して進むと、対岸のほとんどは農村だ。

 目に入るのは、木炭車や牛車…

この記事は有料記事です。残り1810文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません