皇位継承に伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」の中核行事「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」に参列した人たちと天皇、皇后両陛下が酒食を共にする「大饗(だいきょう)の儀」が16日、皇居・宮殿で開かれ、皇族方や三権の長ら289人が出席した。

 天皇陛下は、「大嘗宮の儀を終え、皆さんをお招きし、大饗を催すことを誠にうれしく思います。この機会に、国民の幸せと国の一層の発展を祈ります」とあいさつした。陛下の座席の横には、皇位のしるしとされる剣と璽(じ、まが玉)が置かれた。出席者を代表して、安倍晋三首相が祝いの言葉を述べた。

 会場となった宮殿の大広間「豊…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら