[PR]

 ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王(82)が関心を寄せる難民や移民などの問題について、その支援に奔走するベトナム出身の神父が名古屋市にいる。自らもインドシナ難民として来日し、工場で働いて苦学した経験があり、技能実習生らの相談にのりながら、23日からの法王来日に意を強くしている。

 今月10日の日曜日、名古屋市中村区のカトリック五反城(ごたんじょう)教会の聖堂は約400人のベトナム人で埋まった。3年前からこの教会で主任司祭を務める大海明敏(おおみ・あきとし)神父(55)=民族名ホアン・ミン・マン=が毎月1回開くベトナム語のミサだ。愛知県内のほか静岡など近県から大勢が集まり、信徒でない人も多い。ミサ前には、罪を告白して赦(ゆる)しを得る「告解」の順番を待つ長い列ができる。

 ミサに来た技能実習生のベトナム人男性(25)は、来日後に受ける講習中に病気になり、実習先の会社から実習を拒まれたという。教会の支援で入院し最近退院したが、実習先が見つからず、大海神父が弁護士らを交えて受け入れ先を探している。来日のために多額の借金がある男性は、このままでは帰国を迫られるが、「とにかく日本で働きたい」と訴える。

 大海神父は1983年、ベトナ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら