【動画】発売から50周年を迎えた小林製薬の「ブルーレット」=金井和之撮影
[PR]

 発売から50周年を迎えた小林製薬のトイレ用洗浄芳香剤「ブルーレット」。この機会に、子どもたちにトイレに関心を持ってもらおうと、小学校で掃除や正しい使い方をゲームを通じて学ぶ「小学校のトイレ快適プロジェクト」を始める。

 13日に大阪市内で記者会見して発表した。大阪大学やNPO法人「日本トイレ研究所」と共同でオリジナルのゲームを開発。トイレの臭いや汚れの元となるアンモニアやカビをモンスターに見立て、実際に掃除しながら「撃退」してゆく内容だ。小便器の立ち位置を示すシールや標語のシートもつくった。

 今年度は大阪府内の公立小学校から導入を始め、来年度から全国に展開する。将来は約1千校まで広げる計画だ。日用品事業部の松下拓也執行役員は「人と社会に素晴らしい『快』を提供していきたい」と話す。

 発売40周年の際には、小学校…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら