[PR]

 商業施設を展開する丸井グループの子会社でビル管理業の「マルイファシリティーズ」(東京都中野区)から工事代金約7700万円をだまし取ったとして、警視庁は13日、同社の元メンテナンス部長中村勝己容疑者(55)=東京都練馬区富士見台2丁目=を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 同社発注の店舗工事で、施工業者に費用を水増し請求させ、支払額から水増し分を着服する手口で、2014~15年に総額で約1億3千万円を詐取し、このうち6500万円を着服したと同庁はみている。

 捜査2課によると、逮捕容疑は14年1~6月、同社発注の工事で、施工業者に「会社の補修費をプールしておきたいから協力して欲しい」などとうそをついて費用を水増し請求させ、同社が業者に支払った7700万円を詐取し、うち3700万円を着服したというもの。自身の株取引の損失を穴埋めしていたとみられるという。