[PR]

 リニア中央新幹線の静岡工区が未着工になっている問題で、JR東海の金子慎社長は13日、トンネル工事に伴い水量減少が懸念されている大井川の流域自治体に対し、水問題への対応などについて直接説明する考えを明らかにした。

 金子社長によると、この日午前に静岡市ほか流域8市2町に説明に伺いたい意向を伝えたという。日時や担当者など詳細は今後詰めるとしている。また水問題に関心を持つ他の自治体への説明も検討しているという。

 きっかけは今月6日、国土交通省鉄道局の江口秀二・技術審議官が流域自治体の首長らを訪問した際、JR東海から直接説明を求める声が上がったためという。金子社長は「水の問題については減らないんだと、地下水の影響はないんだと、しっかり説明に参りたい」と語った。

 静岡県は2018年8月、大井…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら