[PR]

 NHKの経営に関する最高意思決定機関「経営委員会」の石原進委員長(JR九州相談役)が退任する見通しになった。政府が13日、国会同意人事案を衆参両院の議院運営委員会理事会に提示した。石原氏の任期満了は12月10日。

 石原委員長は、3期9年という異例の長期にわたって経営委員を務め、3期目の委員長時代には、常時同時配信を認める放送法改正や、受信料の値下げといった大きなトピックを経験。関係者によると、周囲に「もう十分NHKに尽くしてきた」などと語り、退任は既定路線とされていた。

 ただ一方で、かんぽ生命保険の不正販売を報じたNHKの「クローズアップ現代+」を巡り、日本郵政グループの意向に沿う形で、経営委がNHK会長を昨年10月にガバナンス名目で厳重注意していた問題が発覚。注意を重く受け止めたNHK会長が、郵政側に事実上の謝罪の書簡を送る「異例中の異例」(NHK関係者)とも言える対応を引き起こした。

 NHK内部では「ガバナンスの名を借りた事実上の放送現場への介入」との批判が生まれたほか、注意に至る議事録の不十分な取り扱いも露呈。国会で、野党から、経営委の組織自体のありようを厳しく問われる事態に至った。

 経営委員ではほかに埼玉大名誉…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら