[PR]

 青森県八戸市で小学校高学年の女子児童が下校途中に首を切りつけられた事件は、市内に住む中学生の少年(14)が殺人未遂容疑で逮捕されたと13日に発表され、学校関係者らが対応に追われた。

 八戸市教育委員会は13日午後、事件を受けて記者会見を開いた。

 伊藤博章教育長は「命の教育、心の教育に教職員一丸となってがんばってきたつもりですが、このような重大事案が発生したことを非常に重く受け止めている」と述べた。逮捕された少年については「部活動にも積極的に取り組んでいる生徒だと聞いている」と話した。いじめやトラブルは確認されていないという。

 市教委は今後の対応について、教職員のほか地域のボランティアの協力を得ながら登下校の見守りを強化すると説明。伊藤教育長は「子どもたちが安心して通えるような体制を作っていきたい」と話した。

 また市教委はこの日、市内67…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら