[PR]

 1930年代のソ連で約70万人が犠牲になったスターリンの大粛清。その恐怖と惨劇を象徴するモスクワの建物を商業施設にする計画が持ち上がり、犠牲者の遺族らが反対運動を続けている。(モスクワ=石橋亮介)

3万人処刑、歴史の証人

 モスクワ中心部、高級ブティックやレストランが立ち並ぶニコリスカヤ通り23番の建物は「銃殺の館」と呼ばれている。

 由来は、スターリン政権下で粛清対象者を裁く裁判所が置かれ、死刑判決と銃殺刑執行の舞台となったことによる。モスクワ市などの史料によると、ここで国家反逆罪などに問われ裁判を受けた人は4万8千人。このうち36~38年だけで3万1456人が死刑判決を受け、多くが建物の地下室で銃殺された。

 その後、ソ連崩壊で建物は民間…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら