[PR]

 米大統領選をめぐり、トランプ大統領がウクライナに介入を依頼したとされる「ウクライナ疑惑」に関し、トランプ氏の弾劾(だんがい)調査を進める下院情報委員会が13日、初の公聴会を開いた。トランプ氏の疑惑について政府高官が公の場で話すのは初めてで、証言の様子は全米にテレビ中継された。国民が見守るなか、与野党の新たなせめぎ合いが始まった。

 13日朝、下院でもっとも大きな委員会室の一つに、テイラー駐ウクライナ代理大使とケント国務副次官補が入場すると、一斉にフラッシュがたかれた。

 米国史上4例目となる、大統領に対する弾劾調査が始まって約7週間。調査を主導する民主党はこれまで、政府高官への事情聴取をすべて密室で行ってきた。政府高官がトランプ氏の疑惑について公に証言するのは初となるため、公聴会には全米中が注目。主要テレビ局は証言の様子を生中継し、多くの新聞社もインターネットで中継した。

 大統領の弾劾は、司法のように…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら