[PR]

 寒冷前線の通過などの影響で、14日夜から全国的に気温が急速に下がる見込みだ。北海道では猛吹雪となる恐れもあり、気象庁が注意を呼びかけている。

 気象庁によると、14日夜から上空に真冬並みの寒気が流れ込み、15日朝の最低気温は東京、大阪、愛知で8度となる見込み。大気も不安定となり、北日本や東日本では急な雷雨や突風の恐れがある。東京では14日にも木枯らし1号を観測する可能性がある。

 15日にかけて予想される最大風速は、北海道地方で25メートル、東北地方で23メートル。また15日朝までの24時間に北海道地方で40センチ、東北地方で20センチの降雪が予想されている。