[PR]

 大阪市をなくし四つの特別区に再編する大阪都構想で大阪府と市は、来年秋から冬にかけて行う住民投票で賛成多数となれば、特別区への移行日を2025年1月1日と明記する原案を固めた。都構想の具体案をつくる府と市による22日の法定協議会で、吉村洋文知事と松井一郎市長の方針として提案する。

 都構想の素案では移行に必要な期間を住民投票後、「3~4年」としていた。これに加えて松井市長は「25年大阪・関西万博は新しい、ワン大阪で迎える」との考えを表明。5月の大阪・関西万博前の移行を目指しつつ、一定の準備期間を確保して余裕をもって移行できるタイミングとする。

 元日とするのは、住民サービス…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら