[PR]

 14日午前7時40分ごろ、成田空港のA滑走路(4千メートル)の誘導路で、米フェデックスエクスプレスの貨物機(MD11型)が、タイヤのパンクのため動けなくなった。このためA滑走路は約1時間半にわたって閉鎖された。

 国土交通省成田空港事務所によると、同機は中国・広州発。右主脚の2列に並んだ4本のタイヤのうち、内側後部の1本が破損したという。成田国際空港会社によると、このトラブルで出発1便、到着3便に最大40分の遅れが出たという。