[PR]

 紅葉の季節にあわせ自然の恵みに感謝する祭事「紅葉(もみじ)祭(まつり)」が14日、和歌山県那智勝浦町那智山の熊野那智大社と別宮・飛瀧神社であった。

 平安時代の986年に花山法皇が那智山で千日行をしたとき、秋の陽光に映える紅葉をめでて歌を詠んだことにちなむ。神職や巫女(みこ)は烏帽子(えぼし)や髪飾りに紅葉をあしらい、那智の滝前で神事に臨んだ。巫女2人は紅葉の小枝を手に「豊栄舞」を奉納した。居合わせた参拝客は、流れ落ちる滝の荘厳な景観と巫女の華やかないでたちに見入っていた。(東孝司)