[PR]

 あと8カ月後に迫った東京五輪・パラリンピックを、日本人が「自立」するきっかけにしよう――。元サッカー日本代表監督の岡田武史さんは、こう訴える。スポーツの祭典に求めたいのは、競技場の建設でも、日本選手の金メダルでもないという。日本代表の監督を2度務めた名将はなぜ、そう考えるようになったのか。

自分の意見を言わなかったアスリート

 ――東京五輪のマラソンコースが札幌に変わるなど、五輪開催をめぐる混乱が続いています。

 「東京都や大会組織委員会は、自分たちの意思をはっきりと言うべきだったと思うけどね。アスリートも主体的に自分の意見をほとんど言わなかった。それこそ自立していないというか」

 ――一方でラグビーのワールドカップ(W杯)は、予想以上に盛り上がりました。

 「ラグビーの日本代表選手は、主体的に判断してプレーできていたんじゃないかなあ。これが良い引き金になり、五輪やパラリンピックも盛り上がって、多くの人がスポーツの価値に気づいてくれれば、と思うね」

 ――つまり、少なくともラグビーの選手は自立していたと。

 「ラグビーは試合が始まると、監督はスタンドにいるので選手に判断が任せられる。サイドラインで監督が声を張り上げ、指示を出せるサッカーとは違う。それに、今回のチームは外国出身選手も多かった。だから、自立心が芽生えやすかったと思うんだよ。言われたことをこなすだけではなく、常に自分の内なる欲求や意欲で、自主性を発揮できるような選手が日本でもどんどん育ってほしい」

 ――サッカーは違うのですか。

日本人はなぜ自立できないのか、どうしたら自立できるのか。記事後半で岡田武史さんがさらに思考します。

 「主体的にプレーできるやつは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら