[PR]

 福井県を舞台にした青春小説「2・43 清陰高校男子バレー部」(壁井ユカコ著、集英社刊)と県がコラボレーションし、観光地や食などの魅力を広く全国に発信することになった。壁井さんによる書き下ろし作品を特設サイトで公開し、若者らの誘客を図る。

 タイトルの「2・43」は、バレーボール高校男子の全国大会のネットの高さ2・43メートルのこと。実力と情熱はあるが人間関係が苦手な天才セッター・灰島と、ずば抜けた身体能力の持ち主ながらプレッシャーに弱いエースアタッカー・黒羽の2人を中心に、清陰高校が弱小チームの殻を破って成長し、全国大会を目指すという物語。今月1日にはアニメ化も決まった。

 壁井さんの夫は県出身で、作中の「福井弁」は夫の助言をもらったという。2012年6月から集英社のWEB文芸サイトで連載が開始され、現在は3rdシーズン(春高編)まで単行本化されている。

 コラボ企画は、壁井さんの書き…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら