【動画】軌道を予測しにくい新型ミサイル、どんな特徴が? ほんとうに迎撃できるの?
[PR]

 米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は13日、東京都内で朝日新聞などと会見し、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について「失効させるべきではない」と述べ、この後に韓国を訪問し、韓国側に協定延長を強く要請する考えを示した。

 ミリー議長は「(条約の)更新が、日韓両国の利益になる。失効で恩恵を被るのは北朝鮮や中国、ロシアだ」と強調した。

 また、中国のミサイル開発に強い懸念を示した上で「米国は中国に対抗する効果的な能力を持たなければいけない。中国に関して、日本は文字どおり最前線に位置しており、日本は米国の能力開発を支える合理的なパートナーだ」と日本の役割に期待を示した。

 米国が、米ロの中距離核戦力(INF)全廃条約から離脱したことを受け、新たな中距離ミサイルを日本に配備する可能性については「可能性はあるが、軍事的に綿密に(配備先を)分析する必要がある」と述べつつ、「日本との調整や許可なしに、米軍の装備を日本に配備することはない」と語った。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら