[PR]

 宍道湖自然館ゴビウス(島根県出雲市)で、日本海で水揚げされ食卓によく登場する魚介類を集めた「魚屋さんの生きもの展~鮮度バツグン!活(い)きた話題をお届け~」が開かれている。ノドグロやアカミズといったおなじみの魚たちが、水槽を泳ぐ姿を楽しむことができる。

 ゴビウスによると、スーパーなどに並ぶ魚は切り身や頭を落とした状態が多く、海中で泳ぐ本来の姿を見る機会の少ない子どもたちに実物を見て学んでもらおうと企画したという。

 15種類、約50匹を集めたという。そのうちのアカアマダイは出雲市の小伊津漁港でよく揚がる魚。水槽では群れで活発に泳いでいる。一方、どっしりと構えてあまり動かないのがアカミズ。全国的にはキジハタと呼ばれ、関西ではアコウの名で刺し身などで親しまれている。

 高級魚として人気のノドグロ(…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース