[PR]

 今月3日に東京都内であった第1回全日本小学校合唱コンクール全国大会(全日本合唱連盟、朝日新聞社主催)で金賞に輝いた村山市立楯岡小合唱部の35人が14日、同市役所を訪れ、志布隆夫市長らに受賞を報告した。

 報告会で、竹村真穂部長(6年)は「金賞という結果は私たちを支えてくれるたくさんの人たちのおかげです」とあいさつ。志布市長は「日頃のみなさんの練習の成果だと思います」と受賞を祝った。

 その後、部員らは大会でも歌った課題曲の「雪の窓辺で」と自由曲の「くしゃみザウルス」を披露。職員らが仕事の手を休め、児童らの歌声に聴き入った。

 合唱部は12月1日、市内の甑葉(しょうよう)プラザでアンサンブル部と一緒に「クリスマスコンサート」を開くという。